仕事のオリジナル名言集140句



「良い仕事は必ず誰かが見ている。手を抜いてはならない。」 

「仕事を愛せば、仕事もそれに答えてくれるだろう。」

「仕事のどこかを好きになれなければ、 嫌なことや困難を上手く乗り越えることは出来ない。」

「仕事中はもちろんのこと、 仕事の始めと終わりは最も気を付けなければならない。」

「仕事を持たぬ者は、人生の半分を無意味に過ごしている。」   

「仕事に充実を、家庭に安らぎを、人生に目標を持たぬ者は、既に難破している。」

「もし、全ての人々が真剣に彼らの仕事を行っていたとしたら、 世界は一層の進歩と発展を遂げ、より良いものとなっていたことでしょう。」

「利益ばかり追うな、仕事を追え。」(仕事に利益が付いてくるという意味)
 
「行き過ぎた利益主義は人の言動を近視眼的にする。」   

「忙しいと言っているうちは、忙しいとは言えない。 本当に忙しかったら、そんなことを言う暇さえないだろうから。」   

「真っ当な仕事や目標なら、全(まっと)うすることはさして難しいことではないでしょう。」   

「姿勢の悪さは、仕事や勉強に対する姿勢の悪さとなって現れる。」 


「当たり前と思われることを、当たり前にしっかりと行うことこそが 一番重要であり、一番難しいことなのだ。」   


「物事はなるべくシンプルにすべきだ。何故なら、自分の能力を超えて物事を複雑にし過ぎると、自分はおろか誰も把握し管理することが出来なくなるから。」   

「時には真剣に、そして献身的に、 人は物事に取り組むことを学ばなければならない。」

「相手に読まれるのではなく、相手を読まなければならない。」   

「理論だけでは駄目だ。感情だけでも駄目だ。  人を説得し、動かすためには、その両方が必要となるのだ。」 

「おもてなしは、もてなす相手をよく知り、よく調べることから始まる。」 

「魚と情報は鮮度が命。」 

「万人を満足させる料理は無いように、万人を満足させる解決法は無い。」 

「人脈を作りたかったら、目上の人に小さなことでも良いから借りを作り、 返すだけでなくお礼に自分持ちでその人を食事に誘うくらいして、 自分できっかけを作らなければ目上の人と人脈を築くことは難しい。」   

「上から司る→上司。部を下から支える→部下。」   

「部下のやる気や能力を引き出す上司は良い上司である。」   

「歳を重ねたり、地位や役職が上がれば、言動の影響力が増し重みも出てくる。 それを自覚し言行に責任を持つということこそが、真の大人と言うものである。」

「人はまだ起きてもいない結果にばかり目が行き、肝心の結果を起こす原因に目をあまり向けようとしない。」   

「0から1を生み出した者を、次に1を10或いは100へと変えた者を褒め称えよ。」   

「起業はチームを作り、実務、資金、アイデアを分担しなければならない。」   

「実力者ばかりで出来た起業のチームは続かない、 何故なら、その実力故に彼らは自分一人で出来ると考え、 意見の衝突等のちょっとしたきっかけによりチームを離れてしまうことがあるから。」 

「実力者よりやる気のある人を育てた方が長く居てくれるものだ。」   

「事業に必要なのは妻子ではない。事業を理解し、支えてくれるパートナーである。」

「金ある者は金を出せ、金無き者は知恵を出せ、 知恵無き者は勇気出せ、勇気無き者去って行け。」 

「勇気は栄光を、知恵は栄冠を、富は繁栄をもたらす。」 

「商売の世界には二種類の人間が存在する、 それは、売る者と買う者、客と従業員、雇用する者、される者、 投資する者、される者である。」 

「業界にプロはたくさんいるが、 本当のプロは狙って結果を出せる人である。」

「客が疫病神でも「お客様は神様です。」と喜んで出迎えるのだろうか?」   

「いくらお客様は神様だとしても、 貧乏神や疫病神みたいな客は歓迎されないでしょう。」

「お客は来るものではなく、呼ぶものである。」   

「客の数だけ接客方法がある。」   

「ビジネスでは金(かね)が、就職ではコネが役に立つものだ。」   

「世の不便や不満はビジネスチャンス。」   

「不満があるところに商機あり。」

「満足と感動を売れ。」   

「客を満足させる店は一流、客を満足させ、感動させる店は超一流である。」 

「水も過ぎたれば、毒となる。」(何事も程々が良いと言う意味。) 

「敵を欺いても、自らには正直であれ。」   

「他者に偽ると同士に自身に偽る事もまた罪である。」   

「敵から学ぶ者は強い。」   

「使えるものは全て使え、たとえそれが敵であったとしても。」   

「敵が自らの手の内を明かすとしたら、それはもはやその手法を必要としなくなったばかりか、そうすることによって我々を陥れようとしていると見るべきである。」

「お金や勝利の得方(えかた)を知っていても、 肝心の使い方や使い道、そして自分のためにどのように用い、 働かせればよいか知らなければあまり意味がない。」
     
「結果が全てを物語る。」     

「同じ過ちと敗北は、自分達を忘れた者の所へ再びやって来る。」   

「君が「過ち」を忘れても、過ちは「君」を忘れてはいないし、「敗北」も君のことを 忘れてはいない。そして、「我々のことを忘れるなよ」と言わんばかりに、 忘れた君の所へ何度でもやって来るだろう。」 

「過ちを早く正す者は、(後で正すよりも)より多くを正したことになる。」

「間違いの中でも取り分け、場違いと勘違いには気を付けなければならない。」


「深い慎みを持って事を為(な)せ。余計な言葉は要(い)らない。」   

「(パンやパスタ等の)生地と計画はよく練らなければならない。」   

「新たなものを生み出すためには、新たな人であり続けなければならない。」 

「不平不満を述べるだけの者は、何事も成し得ない。」   

「愚痴をこぼす暇があるくらいなら、少しでも行動に移すべきだ。」   

「時間を守れない者は、人との約束も守れない。」   

「後悔と反省は似て非なるものなり。」   

「後悔は無益、反省は有益。」   

「反省が無いから、改善が無い、 改善が無いから、進歩が無い、 進歩が無いから成長もしない。」   

「本質を見誤り物事の表面しか見れない者は、永遠に利用され続ける側のままだ。」

「今日成らねば明日ならず、明日成らねば永久(とわ)に無し。」   

「悪習は放たれる前に断て。」   

「甘い話と砂糖には気を付けろ。」   

「付け焼刃でも、無いよりはまし。」   

「口が滑れば、足が滑る。」 (口を滑らせれば地位や立場を危うくしたり、失ってしまうことがあるという意味。) 

「何時(いつ)までもパンがあると思うな。」(物事には限りがあるという意味。)   

「代えのパスタは、買わねばならない。」(同じく、限りがあるという意味。)


「診療は良心をもって、両親を診るように行われなくてはならない。」「医療について」

 「小人は小事に構(かま)う。」 

「保身……。利己主義の極み。」

「過ぎたる賞賛は、硝酸のごとく名誉を溶かす。」 

「賞賛に溺れず、批判に潰れず、行い続ける者は、 光を失わず輝き続け、栄光を勝ち得(え)る。」   

「時代や情勢が変わっても、人は今までの自身の態度ややり方をなかなか変えることが出来ないものだ。」 

「世の中で生き残る術(すべ)は数多くあるが、最も重要かつ最大の術は、 時代・環境等の様々な変化に対して上手く対応し適応することである。」   

「ナポレオンは上手く時流に乗ったが、多くの人々は時流にことごとく押し流されていった。」

「運は行いが悪い者を最終的に見捨てる。」   

「一秒、一円の価値を知る者は、他の者よりも一歩、成功へと近づくだろう。」

「一秒、一分、一日を活かす者は、数年後、数十年後、 そうでない者との間に大きな差を生みだす。」   

「君が無駄にした一秒は、二度と帰ってこない。」(一分、一秒を大切にしろと言う意味) 

「時は資源である。」
   
「時は奪い、かつ、与う。」   

「名誉が好む者は、名誉を好まない者である。」   

「資産を持たない人は自らの労働力という商品を、 労働市場において売り続けなければならない。」   

「頑迷さの最たるもの、それは自説にこだわることである。」   

「批判も賞賛もされない意見は、意味が無い。」   

「賞賛でも、批判でも、反応があるうちはまだいい、 本当にどうでもよくなったら見向きもされなくなる。」   

「弾劾(だんがい)される者は断崖絶壁に追い詰められたも同然である。」   

「霧は我々が普段、散策する時において、 野山や町などに一定の趣を与えるものだが、 一方で我々が追手などに追われている時、 その霧は追手にも増して我々の行く手と視界を遮る敵となる。
 そのように、平時はあやふやにしたり、 曖昧な表現を用いることに問題は殆どなく、 むしろ便利で有益なことすらあるかもしれないが、 有事においては、話は別であり、そのような言動は一歩間違うと、 命取りになりかねずとても危険であると言える。」「はっきりしないことについて」 ((解説)霧や、あやふやで曖昧な表現は、どちらもはっきりしないので、 それらを例え話に用いて話している。)   

「真に優れたアイデアというものは、一見した所、愚かに見えるものだ。」   

「既存の知識に囚われず考え、その考えを知識によって検証することが、良いアイデアを生み出す秘訣である。」   

「最初は思い付きでも、よく考えて練り上げれば、 それは単なる思い付きではなくなる。」

「多くの視点を持ち、違う視座から見渡すことによって、 多くの気付きと発想を得ることが出来る。」   

「視点を変えるとは、他者になりきって見ることである。」   

「永遠を捕らえれば、永遠になる。囚われれば、永遠に無くなる。」   

「創作、自分を探す作業。」

 「創作は捜索。」 

「-もかければ、+になる。」 (不利益や不利な状況(マイナス)も工夫次第で挽回(プラス)できるという意味。)       

「小さな危険を避けて、大きな危険に陥ることがある。」   

「過去の栄光は眩しい、しかし君の行く手を照らしはしない。」 

「輝かしい栄光も、新たな栄光によって磨かれなければ、色褪(あ)せる。」 

「私は一瞬の栄光より、永遠の栄誉に浴したい。」 

「栄光は太陽より眩しい。しかし、その光はあまり長続きしない。」   

「スポーツにおいて勝つことは必要条件、観客を楽しませることは、十分条件。」 

 「スポーツで勝つ者は一流、勝って観客を楽しませる者は超一流。」   

「勝つことは難しい、それにもまして観客を楽しませることは、もっと難しい。」「スポーツについて」   

「二流と一流とを隔てるもの、それは言動が本質であるか、或(ある)いは彼らが本質を理解しているか、またはその両方である。」   

「極端な話、極論、行動などは、極端と言うだけで、既に間違っている。昔の人が言うように「中庸」こそは最も安全であり確実である。」 

「極端と言うのは、どちらも同じく同程度、間違っている。」   

「日々の思考の積み重ねが、至高の成果を生み出す。」 

「(ブドウは)ワインになるまで待たねばならない。」(成果や結果は直ぐに出るものではなく、それらを得るためには時間がかかるという意味。)   

「成果を出し続ける人とは誰か、どのような評価にも一喜一憂せず、 冷静に事を運び行う人である。」 

「建築物は建築家の脳内。」   

「偉人が道を開き、凡人が道を歩く。」   

「奇人が発展させ、凡人が維持する。」   

  「たった一つの言葉が、時に世界を反転させる。」 

「百万の弁論より一回の実証。」 

「再審は細心の注意を払って行われなければならない。」 

「議論が長引くと、迷宮に入る。」   

「凡人が百年議論して解決しないものを偉人は百秒の議論で解決する。」   

「偉人の雑談は、凡人の議論に勝る。」   

「凡人の議論は偉人からすればある意味雑談のように見える。」   

「議論が雑談になることがしばしばある。」   

「外交で開口一番に先手を打てないようでは、 会議会談で主導権を握ることは難しい。」

 「公開出来ない会議は悪い会議である。」   

「会議室からは長い沈黙が、現場からは名案が生まれる。」   

「現場を知らない者達の会議から名案は生まれない。」   

「提案を否定することなら誰にでも出来るが、 良い提案をすることは誰にでも出来ることではない。」   

「駄目な者に限って提案を否定するだけ否定して、代案を示すことが出来ない。」 

「人の話を聞かない……。それだけで、貴方の「失敗」は既に確約されてしまっている。」   

「貴方の発言と実績が、貴方の地位と立場を作り上げる。」 

「チンギス・ハンの息子は、チンギス・ハンではない。」(たとえ息子であっても、同じ業績は残せないという意味。)    

「嘲笑でさえも、最大の賛辞として受けよ。」 

「行動する際は、君の言動が君の評価を決定する一因となることを 忘れてはならない。」   

「評価というものは、人によって、或(ある)いは時代によって、変わってくるものです。ですから、もし、貴方の評価が余り良くないとしても、気にする必要は全くありません。」
 
「ロボットがいつかの日か、人間を労働から完全に開放するだろう。 そして、労働者は失業する。だから、彼らからロボットは一時的に忌み嫌われるだろう。そして、当然のことながら、次第にそれが当たり前となる。 余談ではあるが、彼らが生き残る為には経済システムを抜本的に改革し、ロボットが労働しても人間がしっかりと衣食住を確保出来る仕組みを構築しなければならないだろう。 もし、それが出来なかったらロボットを使って儲ける一部の人々と、ロボットに仕事を奪われて収入を絶たれた人々との間に埋めがたい差が生じスラム街が生まれる恐れがあるだろう。」

0 件のコメント :

コメントを投稿