人生のオリジナル詩・ポエム~灯火~



陽も沈んだ闇の中、

夜の帳(とばり)が下りる頃、

僅かな焔(ほのお)輝かせ、

そっと辺りを照らし出す。


夜空に瞬く星のよに、

命の焔輝かせ、

そっと辺りを照らし出す。


微かな焔揺らめいて、

遠い記憶を照らし出し、

あの頃の日々が蘇る。


微かな記憶揺らめいて、

あの頃の日々が蘇る。


命の焔輝いて、

遠い日々を照らし出し、

あの頃の記憶蘇る。


霞んだ視界、滴る涙。

遠い記憶と迫る死期。

無情に過ぎ去る歳月が、

あの日の記憶を奪い行く…。


無情に迫る私の最後。

迫り来る最後の日。


私の灯火、命の焔。

私は確かに生きている。


0 件のコメント :

コメントを投稿