作家の名言集オリジナル22句


Photo by home thods


名言1「作家よ、黙して語れ。」 

名言2「作家の口がペンよりも雄弁であったら、もはや作家とは言えない。」 

名言3「時として出版社による無理難題と言う名のわがままにも、作家は答えなければならない。」

名言4「自分の作品や結果に百点をつけ、満足し、悦に浸っているようでは、新たな進歩や発展は望めない。」

名言5「作家が自分より優れた作家に出会って、何の嫉妬心も抱かないとしたら作家として死んでいる。全ての作家はその悔しさを創作力に昇華しなければならない。」 

名言6「人は真に感動すると言葉を失う。それは時として畏怖の念を伴う。」

名言7「真の文化人は容易に他人から理解されないものだ。」 

名言8「独創的であれば、独走できる。」 

名言9「独創的であり続ける、何と難しいことか。」 

名言10「人はオリジナルであり、原型であり続けなければならない。」 

名言11「文体と言うものは、飾り立てるか、全く飾り立てないもので無ければならない。」 

名言12「作家は人と同じ世界に住んではならない。唯(ただ)、自身の世界に住まえ。」 

名言13「良い音楽を奏でるように、良い旋律を持った文章を書かなければならない。」 

名言14「推敲を重ねることにより、文章は磨かれ、輝きを放つ。」 

名言15「文章は簡潔に、そして深遠に、書かれなければならず、 そのような時にのみ光を帯び、輝きを放つ。」 

名言16「簡潔に真理を表した文章は人に感銘を与える。」 

名言17「「!」、「?」といった感嘆符や疑問符、「嗚呼」等の感動詞は、 正しく用いることによって文章を生き生きと優れたものにしますが、 用法を誤り度が過ぎれば、愚かで幼稚なものにしてしまいます。 ですから、それらの語句を用いる際には、十分な注意を払い、 誤りの無いよう熟慮しなければなりませんし、 当然ながら仕事上の文章で使うのは好ましくないので、 使わないようにしなければなりません。」 

名言18「価値あることを書こうと思ったり、作ろうと思っても、 その人に「中身」がなければ難しい。もしそうであるならば、 まずは自分の中身を充実させることから始めなければならない。 様々なことから「経験」を積まなければならない。 それは新たな挑戦でも、人と会うことでも、読書でも、挫折からでも出来る。」 

名言19「良質な言葉をわずかに作るならさほど難しくはない。 しかし、それを量産しなければならないとなると話は別である。 継続とは難しいものだ。継続ほど容易に見えて、難しいものはない。」 

名言20「文章を努めて平易に書くことは読者の理解の助けとなるが、それが過ぎれば冗長になるだけでなく、読者におもねり、甘やかすことに繋がりかねない。」 

名言21「文章の書き手と読み手の程度は比例し、また真意を汲(く)み取る為には比例しなければならない。」 

名言22「詩神は憂鬱(ゆううつ)なものに宿る。」 


0 件のコメント :

コメントを投稿