お金のオリジナル名言集83句


Photo by 401(K) 2012

「若いうちに木を植えよ、金(かね)のなる木を。」   

「追えば逃げる、逃げれば追われる。」   

「富める者は既に富んでいる。家族が、或いは本人が。」   

「貧乏人は負債や浪費となるものを、金持ちは資産や財産となるものを好む。」   

「資産を形成するのに重要なことが四つある。 稼ぎ、貯め、守り、増やすことである。形成できていない者はその何処かで躓(つまづ)いている。」   

「貧者には請求書ばかりがやって来て、富者には富が自らやって来る。」   

「貧者は盗みに入られる心配が、富者は路頭に迷う心配が無く、貧者は路頭に迷うことに対する恐れを、富者は盗みに入られることに対する恐れを持っている。」  

「富者はどう増やすかを考え、貧者はどう貯めるかばかり考える。」  

「金持ちになることは難しいかもしれないが、 金持ちであり続けることはもっと難しい。」   

「金持ちとそれを目指す者にとって最善の妻は節約、節税出来る妻であり、最悪の妻は散財し浪費する妻である。」  

「貧者が困難に思うことは富を得ることだが、富者にとって困難なことは富を維持し、その「ありがたみ」を子に教え込むことである。」   

「適度にケチでなければ金持ちは務まらない。」   

「程よい吝嗇(りんしょく)は金持ちの秘訣となる。」   

「良い格差と悪い格差がある。良い格差とは人物や物事に対する正当な評価に基づく格差を言い。悪い格差とはそれに基づかない格差を言う。」   

「良き平等とは機会の平等であり、悪し平等とは善い悪いを一緒くたにする平等である。」 

「愚か者にとって紙(紙幣)は神である。」 

「精神的に富む者は、既に多くの富を持っている。」   

「精神的な貧しさが、貧しさを呼ぶ。」   

「いくら金で塔を築こうとも、天には届かぬ。」   

「目先の黄金に目が眩んだ者は、人生の道を踏み外す。」   

「不正に得た黄金は、正義の鉄槌(てっつい)によって無くなるのみならず、禍(わざわい)をもたらす。」   

「不正に得た利益は、やがて不利益をもたらす。」   

「金(かね)で買えるものは市場で売っている物だけだ。」   

「過ぎ去った時間は金(かね)では買えないが、 これからやって来る時間はある程度、金で買うことが出来る。」  

「お金は正しく使うことは難しい。間違った使い方をしないでいることも難しい。」   

「使うなら未来の為にお金を使いなさい。」   

「財産は人生と言う旅の旅費であり、滞在費である。」   

「最大の金脈とは人脈である。」   

「Youth is wealth.(若さは富である。)」   

「若さは富の一つである。」   

「富は英知をもたらさない。しかし、英知は富をもたらす。」   

「時は金よりも貴(とうと)い。」   

「貴方の時間は、貴方の資本である。」   

「身体は資本であり、健康は財産である。」   

「資本主義における弱者とは全ての資本を持たない者である。」   

「金利こそは、人類の発明した最も悪質な知恵の一つである。」   

「金利により借りた借金は雪だるま式に増えるが、貸した、或いは投資したお金も雪だるま式に増える。」   

「借金をする者は、図らずも金(かね)の価値を知ることとなる。」  

「金(かね)は権力の友である。」   

「金(かね)を支配する者は世界をも支配する。」   

「金(かね)は人生のパスポートである。金がなければ、 行けない場所や出来ないこともある。」   

「人と親しくなるためには、まず相手を知らなければならないように、お金と親しくなるためには、お金を知らなければならない。」   

「金(かね)は追いかける者を、強く撥(は)ね返す。」  

「大金はその金額と不釣合いな者の所からそのうち立ち去る。」   

「何も無い荒野を訪れる者が少ないように、何も無い者を訪れる金は少ない。」   

「金で買える、或いは叶えられる夢は、大した夢ではないでしょう。」   

「金と言う発明は、人類に幸だけでなく不幸をも、もたらした。」  

「金が悪いのではない。悪いのはいつも金を使う人間の方である。金は道具であってそれ以上でもそれ以下でもない。」   

「金が解れば、(人間の)世界が解る。」   

「金の主人となるか、召使、或いは奴隷となるかは、全てその人の判断しだいだ。」 

「多くの人は運命の奴隷であると同時に、通貨の奴隷である。」   

「お金を稼ぐのは他の目的を達成するための手段であって、 お金を稼ぐこと自体が目的ではないことを忘れてはならない。」

 「友人に金を貸す時は「貸す」のではなく、 帰ってこなくてもいい額を「あげる」つもりで渡せ。」   

「老人は若者の若さを羨み、若者は老人の財産を羨む。 老人は金、もしくは経験いう財産を、若者は若さという財産を持っているにもかかわらず。」   

「富はいつかは滅びるが、(稼ぐ法則等の)真理は永遠に生き続けるだろう。」   

「富は一時代に君臨し、支配するが、真理は全時代に君臨し、支配する。」   

「もし君が、黄金に目が眩(くら)んでしまいそうになったら、 バビロニアの大富豪を思い浮かべるがいい。 彼らは確かに、栄華を極め、その富を誇り、その時代に君臨したが、 もはやその姿は何処にも無く、影さえも、見当たらないのだから。 故に、その君の目の前にある黄金も、同じ運命にあることを明記せよ。」   

「富を理解する者は、より多くの富を得るだろう。」   

「豊作の年もあれば、不作の年もある。 豊作の年の次に豊作がやって来る保証はないが、 不作の年の次も不作が続くことがある。そのように、当たり前のことではあるが、 投資する際は株価や地価、金融商品等の価格も下がった後に再び上がる保証はなく、 また、上がっている物がいつまでも上がり続ける保証など何処にもないことを決して忘れてはならない。」   

「豊作の時、不作に備え、不作の時、豊作の用意をする必要がある。」   

「経済活動の基盤である地球環境を破壊してまで経済活動を行うことは、一種の狂気である。」   

「人間の経済活動は人が生きていく上で必要ですが、 それにも増して必要な地球環境をこれ以上破壊し、 取り返しのつかないことになったら、経済活動どころではなくなってしまいます。 人が生きていける環境があるからこそ、 初めて経済活動が出来るということを人は忘れてはなりません。」  

「投資において未来を理解する者は、富を得、富者となる。」   

「正しき知識を持つ知恵者は富み栄え、知恵なき無知者は破滅し滅びる。」「投資について」   

「無知なものが投資をすることは、無防備で燃え盛る炎の中に突進するのと同じことである。」   

「よく知らない株や債券の銘柄等に投資する者は金を溝に捨てることになるだろう。」   

「利益や変動等を予測出来ない物に金をつぎ込み短期で儲けようとするのはギャンブル、将来の成長性や値上がりを期待出来き、 ある程度予測できる物につぎ込んで中長期で儲けようとするのは投資である。」   

「収入は労働時間に比例しない。何故なら、一日に働ける時間は限られており、ある程度、収入が増えれば頭打ちとなってしまうが、一方で投資による収入は一日数時間の労力で済み、半永久的に多くの収入を得ることが出来るから。」   

「不労所得を得る為には、それを得る仕組み(株式、不動産等)を作る「努力」をしなければならないし、また、学び続ける「賢明な知恵ある投資家」にならなければ、所得を得るどころか負債を得るだけになるだろう。」

「正しい情報や知識を学ぶことによって、投資のリスクを減らすことが出来る。」   

「投資は情報収集が要(かなめ)である。どこから情報を得るか、そして、その情報の真贋に成功するか否かの全てがかかっている。」   

「経済的、精神的自由が無ければ人は真に自由であるとは言えない。」   

「安定や安心、自由といった物を手にしたいのなら、真剣に投資を学ぶ必要がある。」   

「正しい投資をするには、正しい知識を学び、正しい情報を得なければならない。」

「貴方を情緒不安定にさせる投資は良い投資とは言えません。」   

「投資は、一部の投資家だけに関係あることではない。 普通の人も日々の生活の行動と選択を通して、自分自身に直接、 或いは間接的投資を気付かぬうちにしているのだ。
 例えば良い食事や良い睡眠をとること、そして適度な運動をすることは、 自身の健康に投資することになり、読書や資格勉強などは、 自分自身の能力に対して投資をすることになるのだ。
 もちろん、働くことも給料や利益というリターンを得るために、 自身の労働力を投資していると言える。 このように、全ての人間活動は、投資活動として捉えることが出来るのだ。」   

「貴方の全ての行動は、貴方自身に対する投資である。」   

「通貨と言うシステムを使い続けている限り、 人類は、永遠に新たなる次元へと到ることは無いでしょう。」   

「富める者と貧しい者、力のある者と無い者、有能な者と無能な者、両者の義務の度合いは同じではない。より多くを持つ者はより多くの義務を負うのだ。」   

「かつて封建貴族が義務を負ったように、 現代の金融貴族も義務を負わなければならない。納税という義務を。他の者達以上に。」   

「義務の伴わない富は正統ではない。」   

「富の正当性及び正統性は義務を負うことによって生まれる。」

0 件のコメント :

コメントを投稿