人生のオリジナル名言集106句


 Photo by ✈︎ armandogalonso.com


「人生は舞台だが、肝心の台本を誰も知らない。」   

「人生はアドリブだ。台本なんてありゃしない。」   

「貴方は劇の主人公である。人生という名の劇の主人公である。」   

「それぞれの人々はそれぞれの人生における主役である。」   

「終わりに際して、劇の「優れた役者」には拍手と喝采が、優れた「人生の役者」には涙と嘆きが送られる。」

「人は生まれ、旅路を行く、終着を目指して。」   

「普通の道では普通の物にしかたどり着けない。 だから苦しくても嘆いてはいけない。大抵、絶景への道は長く険しいものだ。 そして、その先には今まで見たこともないような絶景が待ち構えている。 だから歩こう。たとえ人生という道が、どんなに険しくとも。」   

「人生のレールから「外れる」ということは、その他大勢の人生とは一線を画すことを意味する。」   

「自分が選んだレールは危険だが楽しい、しかし、親の力で敷いたレールは安定し、かつ安心して走れる。」   

「王道とはかつて先人が通った道であり、覇道とは貴方が新たに切り開く道である。」

「順境ばかりではつまらない、逆境があるからこそ人生は面白い。」   

「逆境は人生という名の料理にかかる香辛料のようなものだ。多すぎても、少なすぎてもいけないが、程よい香辛料は人生を味わい深い物にする。」   

「苦難と逆境は、偉大な人物を作るための教師であり、学校である。」

「苦難は良い教師であり、人を成長させる。」   

「下手な家庭教師を付けるより、苦難の一つや二つでも乗り越えさせたほうが子供の為になりますし、その「苦難」という家庭教師は、子供を一回りも二回りも逞(たくま)しく成長させるものです。」   

「悩み苦しむ姿、それこそ、人間の真の姿。」   

「悩みがあることを悩んではいけない。悩みの無い人間など、この世には存在しないのだから。」   

「人間、皆(みな)平等と言うものは、単なる幻想でしかない。 人間、唯一(ゆいいつ)、平等たるものは「悩み」それだけである。」   

「王侯には王侯の、平民には平民の悩みがある。」   

「大いに悩み苦しむ者にこそ、大いなる器が授けられよう。」   

「どんな悩みや問題も、宇宙の大きさに比べたら、 取るに足らないくらい小さなものに過ぎません。」

「問題を大きく捉えれば、悩みも大きくなる。」   

「陽が沈めば気も沈む、だから考え事は日中陽の光が当たる時にすべきだ。」   

「生きるとは、人生と言う名の道を立ち止まることなく、歩み続けることである。」

「人は悩み、気付き、そして悟る。自らの歩むべき道を。」   

「何の悩みの一つも無かったら、一体人生に何の深みが生まれると言うのだろうか?」   

「「挫折した」と思うから、挫折になる。思わなければそれは挫折ではない。」  

「流されるより、流れよ。」

「道に沿って歩め。」   

「人生とは何か、ただ日々の連続に過ぎない。 人生とは何か、終着を目指した果てしない旅。人生とは……そう、生きること。」   

「「人」が「生」きると書いて人生。 数ある人生の目的の内の一つは「生きること」なのです。」   

「人間が数ある生き物の内の一つである限り、人生の目的の基本は「生きること」ですが、人間はそれに加え自らの人生に自ら、目的や目標を設定することが出来ます。」   

「生命の灯火、灯る時間はごく僅(わず)か、その灯火、活かす者もごく僅か。」  

「人は誰しも、未だかつて、誰も目指したことの無い目的地を目指し、旅をする……。人生と言う名の旅を。」

「人生を踏破せよ。」

「人生の全てを楽しめ。」   

「人生とは、神が監督する劇に過ぎない。」   

「時間を無駄にすれば、人生が無駄になる。」   

「今日という日を疎(おろそ)かに過ごせば、明日を、そして未来をも、無意味にしかねない。」   

「人生において重要なものが三つある。一つはお金の使い方、もう一つは人との付き合い方、そして、最後に時間の使い方である。」

「品格は人生を彩る。」

「人の人格は人生の一部に成る。」   

「偉大な人生は、偉大な歴史の一頁(いちぺいじ)。」   

「暗い部屋(人生)にも一筋の光が差し込むように祈るべきだろう。」   

「昼と夜あり、山と谷がある。それが人生だ。」   

「若いというのは良いことだ。それだけで人生が充実している。」   

「青年は道を知らぬ故に、人生に迷うが、老年は物を忘れるが故に、道に迷う。どちらも助けが必要だ。」   

「人は進む。空回りしながら。人は生きる。空回りしながら。人は死ぬ。悪あがきしながら。それが、人の人生だ。」   

「一生懸命に生き、かつ、一生賢明に生きる必要がある。」   

「何となく生きた一日は、何となく生きた一生になる。」   

「人は楽をしたがるが、楽ばかりでは人の道とは言えない。」   

「貴方の人生の責任者は神ではない、貴方自身だ。」   

「貴方の人生を歩めるのは、他の誰でもない、貴方自身だけだ。」   

「貴方を良く変えることが出来るのは、貴方だけである。」   

「君自身の力で世界をより良く変えるよりも、 君自身をより良く変えることの方が先決である。」   

「自分を変えることは自分自身を否定することでは無い。改善することである。」   

「人生……。未だ、かつて、正確な海図の存在したことの無い大海原。」   

「背徳は人生に影をもたらす。」

「人生は運命の影である。」   

「小さな積み重ねが大きな成果を生み出すように、 たとえどんなに小さな選択であっても、人生に大きな影響を及ぼす。」

「選択を誤れば、人生を誤る。」 

「良い判断が、良い人生を作る。」 

「他人の人生を羨む暇があるくらいなら、 自分の人生をより良く充実させるよう努めるべきだ。」

「他人の言動を気にする者は他人に人生を左右される。」   


「真面目にではなく、上手く踊れ。」 「人生について」   

「より良い意志を持つ者は、より良い(人生の)道を歩んで行(ゆ)くだろう。」

「己(おの)が職分を見つけ、全(まっと)うすることこそが、人生の目的である。」

「人生の意味を探すのではなく、人は人生の意味を 自らの手で作り出さなければならない。」   

「なるほど、確かに人生において生きる意味は無いのかもしれない。しかし、貴方は肝心なことを忘れている。人は動物と違い、自らの人生に意味を作り出し、与えることが出来るということを、忘れている。」   

「この世の無常を嘆くには人生はあまりにも短すぎる。 だから嘆く暇があるなら、一つでも多くの有益なことを為(な)すべきだ。」   

「人生は、この世の無常と非情を嘆くには短いが、耐えるのには長すぎる。」   

「人は人生の重さに耐えなければならない。 潰されぬように、そして、強く生きる為に。」   

「人生を生きるのに必要なのは杞憂することではない。勇気を持つことである。」   

「杞憂すれば勇気が無くなってしまうが、勇気を持てば杞憂が消え去る。」   

「人間に最も必要なのは強敵に立ち向かう勇気ではなく、 何度でもどん底から立ち上がる勇気である。」

「足るを知ることこそ、人生の重要課題である。」   

「人生において大事なことは、明日死んでも後悔することが無い生き方を「今」することである。」

「後悔無き日々を送れ。」   

「若いうちに人生という海を思う存分航海しなければ、 年老いてから終生、後悔することになるだろう。」   

「悪い習性(くせ)を修正しなければ、終生、醜声(醜聞)に耐えなければならない。」

 「君は自分の気持ちに対して正直に生きているだろうか? もしそうでないとしたら、君は自分自身の人生を歩んでいるとは言えない。」   

「軽薄な喋り方が、貴方と貴方の人生を軽薄にしている要因である。」   

「当たり障りのない、波風立てない人生は、確かに安全ではあるが、面白みに欠けた、つまらない人生となるだろう。」   

「自分の半生を反省する者は、余生をより良く過ごすことが出来る。」   

「生涯現役であれば、原液のように濃い人生となるでしょう。」   

「己の感情を支配出来ず、感情に支配される者は、 人生も感情に支配されるであろう。」   

「生きる喜び、愛する喜び、働く喜び、それら喜びは人生を照らす光である。喜びを知らぬ者は暗闇の中、人生をさ迷い歩くであろう。」 

「大いなる試練は、人を偉大にする。」   

「全ての「もの」には意味がある故に存在する。 たとえ宇宙の塵であろうとも、何かしらの存在意義がある。 宇宙の塵のように小さい我々、人類にもきっと何かしらの意味があるに違いない。 そして、そんな人類の一員である貴方にも存在する意味があり、 貴方の人生にもきっと、いや、必ず意味があるのだ。」   

「下を見るな、底が無いから。上を見よ、果てしないから。」 

「少しも不幸を含まない人生など、この世には存在しない。」 

「どん底はトランポリン、反動で跳ね上がる。」   

「過去の軌跡を見、未来という貴石を磨き、今日という奇跡を祝え。」   

「全て楽しめ、全て楽しめぬ者は、何事も楽しむことが無い。」

「全て借り物、仮初(かりそめ)の衣装。」「人生について」 

「生きよ、絆で、されば道は開かれん。」

0 件のコメント :

コメントを投稿